学習のねらい

健康福祉コースの様子その1

健康福祉コースの様子その2

健康福祉コースの様子その3

健康や福祉について体験的に学び、健康で超高齢社会を助けあって生きていくための「心と技と体」を培い、次世代も安心で健やかに暮らせる地域社会づくりへの、主体的な参加と実践をめざします。

学習課程編成方針

  1. 自助・互助・共助・公助の実際について学びます。
  2. 加齢に伴う心身の変化への対応を正しく修得し、家族や地域の人々への伝達者となるように学びます。
  3. 「支援の必要な人々の現状」や「支援の方法やエチケット」などを実践的に学びます。
  4. 所定のテーマ学習に協力して取り組み、その成果を発表することを学びます。
  5. 関心のあるテーマごとにグループを作って自主的に調査・研究し、学びの集大成を図るとともに、卒業後の社会貢献活動につなぎ、活かします。

各学年の学習内容(令和元年度)

下のボタンをクリックすると、各学年の学習内容に移動します。

1年生の学習内容

※令和元年度の学習内容、講師はこちらをご覧ください。

学年目標

健康や福祉の基本を学び、家族や地域における健康や福祉の増進についての関心を深める。

学習内容

基本講座 ・公助・共助の現状(社会保障制度、医療・介護保険制度など)
・健康づくりの基礎
心を育てる ・支援の必要な人々Ⅰ
・メンタルヘルス、ストレスの解消
技を学ぶ ・ケアの基本Ⅰ
・支援の方法Ⅰ(手話・車イス)
・調理実習Ⅰ・音楽療法Ⅰ
・東洋医学ツボエクササイズⅠ
体を培う ・体力の現状を知るⅠ(ADL体力測定Ⅰ)
・エクササイズⅠ
・食生活の工夫Ⅰ
・口腔ケアⅠ、フレイル予防
テーマ学習(シリーズ学習) ・しあわせの村をもっとよく知る(交流体験とその発表など)
・地域福祉を学ぶ
学年間の交流 ・先輩から話を聞く

2年生の学習内容

※令和元年度の学習内容、講師はこちらをご覧ください。

学年目標

援助の技法、支援のエチケットなどを学ぶとともに、タウンウォッチングなどにより、グループで協力して学ぶ実践力を養う。

学習内容

基本講座 ・互助(地域の力)について
・ユニバーサルデザインについて
心を育てる ・支援の必要な人々Ⅱ
・うつの理解
・認知症に向き合う
技を学ぶ ・ケアの基本Ⅱ
・支援の方法Ⅱ(点字・ガイドヘルプ)
・調理実習Ⅱ
・音楽療法Ⅱ
・東洋医学ツボエクササイズⅡ
体を培う ・体力の現状を知るⅡ(ADL体力測定Ⅱ)
・エクササイズⅡ
・筋力トレーニングⅠ
・ピラティスⅠ
・食生活の工夫Ⅱ
・口腔ケアⅡ
テーマ学習(シリーズ学習) ・タウンウォッチング
~わが町の再発見 テーマを決めて調査・研究・発表~ 
校外学習 ・布引ハーブ園
学年間の交流 ・先輩から聞くグループ学習

3年生の学習内容

※令和元年度の学習内容、講師はこちらをご覧ください。

学年目標

関心のあるテーマについてグループで学習し、学びの集大成を図るとともに、その成果を卒業後の生活や活動に活かすことをめざす。

学習内容

グループ学習 ・学習の意義と方法、テーマの設定、グループづくり
・サポーターとの学習、調査・研究、フィールドワーク
・学習成果の発表
・学習のまとめの作成・印刷
心を育てる ・人生の完成期を考える
・笑いと健康
技を学ぶ ・市民救命士講習
・東洋医学ツボエクササイズIII
体を培う ・エクササイズⅢ
・筋力トレーニングⅡ・ピラティスⅡ
・くすりの話、老化と認知症
・中高年に多い外科の病気
・口腔ケアⅢ
校外学習 ・喜楽館

学生からのメッセージ

「健康と福祉を共に学ぶ」

健康福祉コース24期生 松岡 恵美子さん

 シルバー世代にとって一番大切な「健康」。重要な問題なのに知らないことが多い「福祉」。知っておくべき、知らなければならない貴重な情報や指針を体験的に学ぶことができ、しかも得た知識を「現在」の、そして「将来」の自分や家族のために、また、地域社会への参加により、より多くの方々のために活かすことができる、学んだことが【即】役に立つ生きた学びのコースです。
 カレッジに入学するきっかけは、「学びたい」「友達作りをしたい」「リタイア後の生活を充実させたい」等など、様々ですが、学生は皆アクティブで溌剌としています。
 入学して60年ぶりに筆を持った「書道部員」。御年80?歳で、初めてラケットを握った「卓球部員」「青春18切符」を楽しむ青春真っただ中の学生達…数多くのクラブ活動や仲間も魅力です。
 カレッジの一員として、楽しい学生生活、充実したシルバーライフを過ごしませんか?